[カーオーディオ・ブランド クローズアップ]FOCAL フォーカル…艶やかで豊かなサウンド

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
フォーカル・ユートピア ビー ウルティマ
フォーカル・ユートピア ビー ウルティマ 全 3 枚 拡大写真
有名カーオーディオブランドを1つ1つ取り上げ、各メーカーならではの魅力を浮き彫りにせんと試みている当特集。今回は、日本でも絶大な支持を得ているフランス発の名門、“FOCAL(フォーカル)”をクローズアップする。

◆フラッグシップとして君臨するのは、世界最高峰カースピーカーの1つ『ユートピア ビー ウルティマ』!

“フォーカル”は、現社長であるジャック・マユール氏により、1979年にフランス東部の都市サンテチェンヌで創業された。設立理念は「世界最高のスピーカーユニットを創り出すこと」。これが礎となり、現在の製品ラインナップが形作られている。

ちなみに“フォーカル”は、設立当初はオーディオメーカーにスピーカーユニットを供給するOEM専業メーカーとして活動していた。そして各社の要望に応えながら製品を開発・生産することで技術とノウハウを蓄積し、その後の自社製品開発にそれらを注入。こうして、“フォーカル”ならではのサウンドを奏でられるモデルを次々と誕生させてきた。

なお、“フォーカル”をスピーカー専業ブランドとイメージしている方も少なくないかもしれないが、現在同社は、パワーアンプやパワードサブウーファー、さらにはプロセッサーまで幅広く製品展開する総合ブランドとなっている。だが、主力はあくまでもスピーカーだ。ホーム用、プロ用、そしてカー用と、それぞれにおいて名機を多々リリースしている。

では、カー用スピーカーのラインナップを見ていこう。まずはフラッグシップから。トップエンドとして君臨するのはこちら、『ユートピア ビー』シリーズだ。そして当ブランド中の最高峰モデルとして、『ユートピア ビー ウルティマ』が看板を張っている。

当製品は、パッシブクロスオーバーネットワークレスの3ウェイコンポーネントキットで、インバーテッド・ドームタイプの75mmピュアベリリウムツイーター、16.5cmミッドウーファー、20cmサブウーファー、これらによって構成されている。

なお、コンポーネントキットの税抜価格は200万円。実力的にも価格的にも、世界最高峰カースピーカーの1つであることは間違いない。当機だからこその、豊潤で繊細でそして力強いHi-Fiサウンドを堪能できる。

ちなみに当ラインにはもう1アイテム、パッシブレスの2ウェイコンポーネントキットも存在している。製品名は『165 W-RC』。こちらの税抜価格は16万5000円となっている。

◆トップエンドに続く『ユートピア エム』シリーズは、コスパもすこぶる高い!

そして『ユートピア ビー』シリーズに続く2ndラインとなるのが、『ユートピア エム』シリーズだ。なお、『ユートピア ビー ウルティマ』はいわば象徴的なアイテムでもあるので、こちら『ユートピア エム』シリーズが、実質的なフラッグシップラインと言っていい。

なお当ラインは、5つの単品ユニットと1つの2ウェイコンポーネントキットとで構成されている。単品ユニットの顔ぶれは以下のとおりだ。34mmピュアベリリウムドームツイーター、87.5mmスコーカー、16.5cmミッドウーファー、20cmミッドウーファー、25cmサブウーファー、以上だ。ちなみに、ツイーターと16.5cmミッドウーファーとを組み合わせたときの合計価格(税抜)は31万5000円だ。昨今、超高額なスピーカーが多々リリースされている中では、この価格はハイエンドスピーカーとしては至ってユーザーフレンドリーだ。ゆえに、多くのカーオーディオ愛好家からチョイスされている。

これに、実質的な2ndラインとして『K2 パワー』シリーズが続く。なお現行モデルは、2016年にフルモデルチェンジされ販売がスタートしている。このときの進化度合いはめざましく、振動板に“フォーカル”のアイデンティティともいうべきイエローカラーのアラミド系素材が使われている以外、従来モデルとの共通点はほとんどない。ほぼすべてが刷新され、満を持して新登場した。

当シリーズは以下の9アイテムで形成されている。1つの16.5cmコアキシャルスピーカー、5つの2ウェイコンポーネントキット、1つの3ウェイコンポーネントキット、そして2つのサブウーファー、以上だ。ちなみに16.5cmの2ウェイコンポーネントキットは3タイプあり、その中でもっとも高額なモデルが『ES 165 KX2』(税抜価格:11万円)だ。このように当シリーズも、性能に対して価格が手頃だ。エントリーグレードスピーカーからのグレードアップモデルとして、さらには初めてのスピーカーとしても選ばれている。

◆『車種別専用キット』の中には、日本市場向けのスペシャルキットもラインナップ!

“フォーカル”は、それに続くアイテムも手厚く用意している。実質的3rdラインとして、振動板素材にフランス特産の“麻(Flax)”が使われた『フラックス』シリーズを用意し、さらには『車種別専用キット』シリーズ、そして『カスタムフィットモデル』シリーズまで、エントリーユーザーに向けても手厚く製品展開させている。

ちなみに『フラックス』シリーズは、1つのコアキシャルスピーカー、2つの2ウェイコンポーネントキット、1つの3ウェイコンポーネントキット、4つのサブウーファー、これら計8アイテムでラインナップが構成されていて、その中の2ウェイコンポーネントキットの上位機種『PS 165FX』の税抜価格は7万円だ。当シリーズもコスパの高さが光っている。

とこで“フォーカル”の『車種別専用キット』の中には、特に注目したいアイテムが存在している。同社製品をディストリビュートしている“ビーウィズ”が、日本市場に向けたスペシャルキットを用意しているのだ。1つが『PLUG&PLAY elite for BMW/MINI』、そしてもう1つが『PLUG&PLAY elite for Mercedes』だ。なお後者には、『K2 パワー』シリーズのユニットを使用しているものと『フラックス』シリーズのユニットを使用しているものと、計2タイプがある。

これらはともに、対応車種に適合する取付パーツ等々も同梱されていて、取り付け工賃も含めて必要コストが分かりやすくなっている。“フォーカル”サウンドに興味がある対応車種オーナーは、これらにも大いに注目しよう。

艶やかで豊かなサウンドを奏でるスピーカーを探しているのなら、“フォーカル”のチェックはマストだ。お見逃しなく。

「注目カーオーディオ・ブランド」クローズアップ! 各社の実力と魅力を展望! 第8回“FOCAL(フォーカル)”編

《太田祥三》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 【プロショップ訪問記】シティロード福山(広島県)30年以上のスキルをもって音楽性あふれるサウンドを叶えてくれるお店!
  • カスタムフィット・スピーカーの一例(フォーカル)。
  • 外部パワーアンプの一例(シンフォニ/クワトロリゴ・プレシジョンワン)。
  • car audio newcomer!  三菱 アウトランダーPHEV(オーナー:井上拓也さん) by  リクロス 前編
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ