ヤマハ発動機、農業用ドローンに自動飛行対応モデルを追加

YMR-08AP本体と自動散布を可能とする機材構成
YMR-08AP本体と自動散布を可能とする機材構成全 2 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、農業用マルチローター(ドローン)のラインアップに、自動飛行が可能な「YMR-08AP」を加え、2020年3月に発売する。

YMR-08APは、自動散布(オートパイロット)による省力化、専用ソフト「agFMS」による簡単なルート作成を通じた効率化、高精度ルート追従による作業性向上など、自動機ならではの機能・性能を備えたモデルだ。

また、2019年3月発売の「YMR-08」同様、1回のフライトで1ヘクタールの連続散布が可能で、同社産業用無人ヘリコプターに匹敵する高い散布品質を実現。加えて、液剤散布装置の散布幅を4mから5m、自動機本体の速度と連動する散布速度を15km/hから20km/hに変更することで散布性能を向上させた。粒剤散布装置の取り付けも可能。内部ローラーを交換することで幅広い適用剤の散布要望に応える。価格は206万2500円。

ヤマハ発動機では、YMR-08APの発売開始とあわせて、対象バッテリーのレンタルサービスを開始する(YMR-08も対象)。バッテリーの保管場所や保管管理の煩雑さを解消するとともに、同社による年1回の品質チェック、メンテナンスに合格したバッテリーはシーズンを通して、その性能をフルに発揮。農業現場におけるスムーズな作業を実現する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YZF-R15
  • 次世代操船システム「HARMO」
  • ヤマハ YZ450FX
  • ヤマハ PW50
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ