東急線のほぼ全線でホームドアなどの整備が完了…大井町線等々力駅を最後に 3月22日

東急のホームドア。
東急のホームドア。全 2 枚写真をすべて見る

東急電鉄(東急)は3月18日、世田谷線とこどもの国線を除く東急線全駅に3月22日、ホームドアやセンサー付き固定式ホーム柵の設置が完了すると発表した。

東急では、ホームドアが設置されていた目黒線、センサー付き固定式ホーム柵が設置されていた池上線と東急多摩川線の各駅に続いて、2015年1月に東横線、田園都市線、大井町線にある計64駅へのホームドア設置を決定。当初は2020年度までの完了を目標としていたが、2017年5月に2019年度末に前倒しすることが決定され、早期設置への作業が進められていた。

早期設置に際しては、夜間の回送列車にホームドアを積み込む一括運搬方式や、盛土式ホームにおける工期短縮のための補強方法の採用、情報伝送装置を必要としないホームドア開扉システムの開発を行なうとともに、4ドア車と6ドア車の混在が問題だった田園都市線においては、2017年度中までに4ドア車への統一が進められた。

そして今回、大井町線等々力(とどろき)駅(東京都世田谷区)の設置を最後に、ホームドアなどの設置が完了する運びとなった。

設置の過程でホーム上の事故件数は急減し、2019年度は2月末までで、2014年度比で転落事故が121件減の10件、輸送障害件数が27件減の5件になったという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。

ピックアップ

Response.TV