[カーオーディオ“チョイスのキモ”]メインユニット 2DIN機のトレンド その3

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
2DINメインユニットの一例(ケンウッド)。
2DINメインユニットの一例(ケンウッド)。 全 2 枚 拡大写真
カーオーディオという趣味を製品選びの段階から大いに楽しんでいただこうと、ユニットチョイスの勘どころを解説している当コーナー。今回は、「ディスプレイオーディオ」ではない「2DINメインユニット」に焦点を当てる。

さて、かつては「2DINメインユニット」と言えば、写真のような「ディスプレイオーディオ」ではないモデルが主流だったのだが、今ではすっかり「ディスプレイオーディオ」にそのお株を奪われている。とはいえ、現在でも根強い支持を集めている。正直、「1DINメインユニット」と比べたら人気の点で後塵を拝してはいるものの、これならではの利点も確かにあり、そこのところに着目するドライバーから今もチョイスされ続けている。

さて、「2DINメインユニット」ならではの利点とは何なのだろうか。利点は主には3つある。

まず1つ目は、「ディスプレイオーディオと比べてリーズナブルであること」だ。モニターが搭載されていない分、価格はぐっと手頃になる。2つ目は「2DINスペースをメカで埋め尽くせること」だ。「スペースが空いているのなら、そこがバシッとメカで埋まっていた方がカッコ良い」、そう考えるドライバーも少なくない。

そして利点の3つ目は、「操作がしやすいこと」だ。フェイスが大きいので表示部も大きめとなっていて見やすく、そしてスイッチ類も大ぶりだ。結果、「1DINメインユニット」よりも操作性が高い、というわけなのだ。

ところで“カロッツェリア”では現在、通常の「2DINメインユニット」を計4機種ラインナップさせているのだが、その内の2機種ではなんと、“MD”の再生も可能だ。フェイスが大きいことを利して、“CD”メカに加えて“MD”メカも装備させている。実は“MD”をたくさん所有していて懐かしいアルバムが収録されたメディアが多々ある、なんていうドライバーもいるのではないだろか。もしもそうなら、“MD”メカを搭載したモデルを選んでみても面白い。

今回はここまでとさせていただく。次回からはAV一体型ナビのトレンド解説を開始する。お楽しみに。

「サウンドユニット」の“チョイスのキモ”を徹底解析! Part3・メインユニット編 その7 2DIN機のトレンド解説 lll

《太田祥三》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「サブウーファー出力」を備えた「AV一体型ナビ」の一例(クラリオン)。
  • 「AV一体型ナビ」のベーシックモデルの一例(カロッツェリア)。
  • カロッツェリア・FH-9300DVS
  • ケンウッド・DDX6190BT
  • アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ グランドチェロキー 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ