KDDIとJapanTaxiが提携---MaaS事業を推進

JapanTaxiとKDDI提携内容
JapanTaxiとKDDI提携内容全 1 枚写真をすべて見る

KDDIは3月26日、タクシー配車アプリを提供するJapanTaxiと提携してタクシー事業者のデジタルトランスフォーメーション (DX) を支援するとともに、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)事業を推進すると発表した。

今回の提携で両社はMaaSプラットフォームを構築するとともに、タクシー事業者のDXにつながら新たなタクシーサービス創出、自動運転の事業化に向けた実証実験の共同参画に取り組み、MaaS分野での連携を強化する。

KDDIとJapanTaxiは、交通に関する様々な社会課題の解決と、移動体験の高度化に向けて、MaaS事業を推進するとともに、グルメ・ホテルなどライフデザイン領域との連携も進め、新たな顧客体験価値の創出を目指すとしている。

一方、JapanTaxiは4月1日にディー・エヌ・エー (DeNA)が提供するタクシー配車アプリ「MOV」事業と統合する予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 協業イメージ
  • (イメージ)
  • MaaS利用の効果を『モビリティパス』で狙った
  • モビリティアプリ「ベロシア」
  • アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ グランドチェロキー 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ