ロッシ×AGV、「WINTER TEST 2005」50個限定で発売 新プロジェクト第2弾

AGV ピスタ GP RR WINTER TEST 2005
AGV ピスタ GP RR WINTER TEST 2005全 3 枚写真をすべて見る

ユーロギア ダイネーゼ&AGVジャパン事業部は、バレンティーノ・ロッシが2004年シーズン後のセパンテストで着用したグラフィックモデル「WINTER TEST 2005」を限定50個で12月頃に発売する。

新製品は、ロッシのキャリアの中で最も象徴的な6つのグラフィックにスポットライトを当てたAGVの新プロジェクト「I CASCHI DI VALE」の第2弾。これらのグラフィックはすべて、一度だけのレースやチャンピオンシップタイトルのためにデザインされ、これまでレプリカモデルが市販化されたことはない。

プロジェクトでは、毎年2つのグラフィックがAGVのトップモデルからリリースされる予定。いずれもそのグラフィックが使用された年と同じ数量が製造されるが、シリアルナンバー「46」はロッシ本人のプライベートコレクションとなる。各モデルは特別なケースによって包まれ、各ヘルメット・レースに対しての思いを書いたバレンティーノの手紙が同梱される。

2004年はヤマハ移籍初年度でタイトルを獲得し、ロッシのキャリアの中でも最高のシーズンとなった。シーズン後のセパンテストで着用されたこのヘルメットは、ロッシのヘルメットデザイナー、アルド・ドゥルディ氏の元で働いていたロベルト・マルキオンニ氏(現スターラインチーム)によって描かれたもの。イタリアの洗濯洗剤「Dash(ダッシュ)」からアイディアを得て作成。パッケージに描かれた「Dash piu bianco non si puo(ダッシュ、これ以上白くなりません」は「Rossi piu forte non si puo(ロッシ、これ以上速くなりません)」と書き換えられている。

大きなカラフルなロゴに加えて、前面には世界タイトル獲得を表現した小さな「1」を配置。また後頭部には通算6度目のワールドタイトルを獲得したことを洗濯機と合わせてデザインし、「ISTRUZIONI PER UN MONDIALE OTTIMALE(ワールドタイトルの獲得方法)」としてユニークに描いている。

ベースモデルとなるのは、AGVのトップモデル「ピスタ GP RR」。フルカーボンファイバー製の軽量かつ強固なシェル構造はそのままに、レースシーンで開発された最新のエアロダイナミクスに基づいた新形状のリアスポイラー、新形状のエアベンチレーションシステムを搭載する。強固なシステムを採用したシールドは新開発のMax Pinlock 120を採用。あらゆるシチュエーションで快適な視界を提供する。SG認証取得 FIM公認取得 MFJ公認取得。

WINTER TEST 2005は世界限定2005個/国内限定50個で、サイズはS(55-56cm)/M(57-58cm)/L(59-60cm)/XL(61-62cm)の4種類を設定。国内向けは日本人の頭にフィットするアジアンフィットとなる。価格(税別)は22万5000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R
  • SHOEI X-Fourteen MM93 ブラックコンセプト2.0
  • テネレ700 ABS Low
  • ホンダ CBR250RR(グランプリレッド・ストライプ)
  • ハスクバーナ ヴィットピレン401&スヴァルトピレン401
  • ホンダ CBR1000RR-R ファイヤーブレードSP
  • KTM 1290スーパーアドベンチャーS

ピックアップ