ホンダ、「延長保証マモル」に長期コースを導入…新車購入時から3回目車検まで

延長保証マモル ロゴ
延長保証マモル ロゴ全 6 枚写真をすべて見る

ホンダは、メーカー保証終了後も同程度の保証を提供する「延長保証マモル」に、乗用車は7年、軽貨物車は6年まで保証を延長する「長期コース」を4月1日より導入した。

延長保証マモルは、メーカー保証が終了した後も同程度の保証を、初度登録日から、乗用車は5年、軽貨物車は4年まで延長するサービス。2001年のサービス開始以降、多くのホンダ車オーナーが加入している。

車の故障発生率と修理単価は、5年目までと比較して、6年目以降上昇する傾向があり、使用期間が長くなるほど車の故障・修理に関するリスクは増加。また、車の買い替え年数は年々伸びており、ホンダが実施した調査では、約6割が次回新車を購入する場合は6年以上保有したいと回答している。

ホンダでは、このような背景を踏まえて、3回目車検まで保証を延長する新コースを設定。新車購入時の加入とすることで、手頃な料金で長期保証を提供し、長期保有希望者のニーズに応える。

長期コース ロゴ長期コース ロゴ

新コース設定により、延長保証マモルは、新車購入時に加入できる「長期コース(7年)」「新車コース(5年)」、初回車検時に加入できる「車検コース(5年)」、新車コースや車検コースから2年延長できる「継続コース」の4コースとなった。料金(1500cc)は長期コースが2万8600円、新車コースが1万2100円、車検コースが1万4850円、継続コースが3万8500円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ