国交省の燃費ランキング2019 登録車1位はプリウス、軽自動車はアルト

トヨタ・プリウス
トヨタ・プリウス全 5 枚写真をすべて見る

国土交通省が発表した2019年自動車燃費ランキングによると、最も燃費の良い乗用車は、普通・小型自動車がトヨタ『プリウス』、軽自動車ではスズキ『アルト』、マツダ『キャロル』となった。

国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の高い自動車の開発・普及を促進するため、毎年、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表するとともに、燃費の良い乗用車のランキングを公表している。

今回、2019年末時点の「自動車燃費一覧」を新たに公表するとともに、燃費の良い乗用車ベスト10をまとめた。それによると普通・小型車部門のトップとなったプリウスの燃費値は39.0m/リットルだった。2位はトヨタ『アクア』で38.0km/リットル、3位が日産『ノート』とホンダ『フィット』が同率で37.2km/リットルだった。

軽自動車部門では1位のアルト、キャロル(アルトベースのOEM)の燃費値が37.0km/リットル、3位がスズキ『アルトラパン』で35.6km/リットル、4位がダイハツ『ミライース』、スバル『プレオプラス』、トヨタ『ピクシスエポック』(プレオプラスとピクシスエポックはミライースベースのOEM)で35.2km/リットルだった。

また、2020年度燃費基準の達成レベルが最も高い乗用車は、普通・小型自動車では達成率205%のプリウス、2位がホンダ『アコード』、3位がホンダ『オデッセイ』だった。軽自動車では達成率150%のアルト、キャロル、3位がスズキのアルトラパン、4位がダイハツ・ミライース、スバル・プレオプラス、トヨタ・ピクシスエポックだった。

ハイブリッド車を除く燃費ランキングでは1位がダイハツ『ブーン』、トヨタ『パッソ』で28.0km/リットルだった。3位は三菱『ミラージュ』、4位がフィアット『500/500C』、5位が日産ノートだった。

ガソリン乗用車の平均燃費値は前年と同じ22.0km/リットルだった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • 令和2年7月豪雨の被害(球磨郡、7月8日)
  • 総理大臣に就任した菅氏(9月14日)
  • 歩行空間ネットワークデータを活用して実現するサービスのイメージ
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ