デンソーと東工大、協働研究拠点を設置…CASE時代に向け産学連携強化

デンソーと東工大、協働研究拠点を設置…CASE時代に向け産学連携強化
デンソーと東工大、協働研究拠点を設置…CASE時代に向け産学連携強化全 1 枚写真をすべて見る

デンソーと東京工業大学(東工大)は、「デンソーモビリティ協働研究拠点」を4月1日に設置。東工大の産学連携制度の一つである協働研究拠点では、東京工業大学オープンイノベーション機構の支援のもと、次世代モビリティに関する共同研究を推進していく。

デンソーと東工大は、これまでも車載コンピューターにおける熱マネジメント技術や実装技術など、多くの領域で共同研究を進め、成果を創出。今回、CASE時代に向けた共同研究を加速させるため、両者は組織的連携協定を締結し、幅広い分野にて組織対組織の総合的な研究開発を協働研究拠点にて行う。

具体的には、東工大大岡山キャンパス内に専用スペースを設置し、車両用部品の放熱技術に関する応用研究を深化させるとともに、電子・半導体・電気・機械・通信など専門分野が異なる研究者と、新たな研究テーマの創出や共同研究を推進。デンソーが車載分野の製品開発で培ってきた技術やノウハウと、東工大に集積されている先端研究を通じた学術的知見を活用し、研究分野に取り組む。また、双方の人材で構成された共同研究の企画機能を担うチームを発足させ、研究成果の社会への実装や、他社とのオープンイノベーションによる事業開発を目指す。

なお、デンソーグループ会社であるデンソーアイティーラボラトリも、未来のモビリティに向けたAI技術基盤の創出を目的として、東工大情報理工学院に「DENSO IT LAB 認識・学習アルゴリズム共同研究講座」を4月1日に設置。デンソーグループと東工大とでより一層連携を強化しオープンイノベーションを推進する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • yuriCargo
  • 電池ECU/電動車両の電池を安全に制御する「電池ECU」
  • QRコード
  • Factory-IoTプラットフォーム
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV