ZMP、MEMS式3D-LiDARの予約販売を開始…計測距離120m、視野角120度×25度に対応

走行画像イメージ
走行画像イメージ全 2 枚写真をすべて見る

ZMPは、中国Robosense社が開発している最新MEMSソリッドステート型3D-LiDAR「RS-LiDAR-M1」の予約販売を開始した。RS-LiDAR-M1は昨年11月に台数限定で試用販売した製品の普及版となる。

今回提供するRS-LiDAR-M1は車載グレードではないが、125ビーム、測定距離120m@10%(米国NIST基準)、15FPS、測定視野120度×25度の高精細LiDAR。2021年に車載グレード取得を目指している。

回転式LiDARと比べて信頼性、低価格、車体への組込みの容易性に優れているほか、縦12cm×横11cm×高さ5cmのコンパクトサイズを実現。超広角視野対応LiDARと組み合わせて自動運転レベル2以上の自動車、タクシー、バス、トラックなどの実用化に向けた実証実験のほか、ADAS技術向上にも活用できる。

また、新製品はハードウェアおよびポイントクラウド生データの出力に対応。開発中の次期モデルはソフトウェアを組込み、物体検出、走行可能領域表示などの機能が加わる予定だ。

価格(税別)は25万円。納期は2020年6月以降となる予定。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京・月島
  • 一人乗りロボ、ラクロ
  • 自動運転開発プラットフォーム RoboCar 1/10X
  • LiDAR物体認識ソフトによる解析データ
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ