対面せずに車を買う方法にニーズ? 新型コロナによる経済不安も…定額カルモくん

4月8日、東京新宿
4月8日、東京新宿全 4 枚写真をすべて見る

ナイルが提供する月額定額制のカーリースサービス「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、新型コロナウイルスの感染拡大によって、今までのところ契約者数での大きな影響はないが、広告への反応に変化があるという。

ナイルの担当者によると、「インターネットでの検索の増加傾向を見るに、ディーラーや販売店の営業時間の短縮に加え、外出や対面をせずに車を買える方法へニーズが高まっているように感じられる」という。

カルモはオンラインで申込むので、対人・対面での新型コロナウイルス感染の可能性が小さいことも、現状ではメリットだ。「安心してもらえるように電話にてしっかりサポートをしている」とナイル担当者はいう。

コロナ情勢での経済的な不安から、「貯金を崩さず新車に乗れる」(=頭金支払いが不要)というカーリースの便益が伝わっているようだ、とも。ナイルでは、新型コロナウイルスの影響の長期化による「経済的に不安だから大きな出費をしたくない」という需要に対応できるよう、カーリースサービスを広めていくそうだ。

新型コロナウイルスの感染が年内いっぱい続き、長期化すれば来年も影響があるとナイルでは考えている。そうなると「外出自粛の中で、医療従事者をはじめ通勤を余儀なくされている人々がいる。他人との接触を避けて移動できるマイカー通勤は今後増えてくる」と予想する。

ナイルは、オンラインの個人向けカーリースサービス「おトクにマイカー 定額カルモくん」は完全月額定額制のカーリースサービスで、最近では「車のサブスクリプション」とも呼ばれる。日本初の11年契約を開始し、日本一安いカーリースの金額=月額1万1900円(税抜き)を実現した。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 運転免許証(イメージ)
  • PSAグループの各ブランド
  • NEKO no TE
  • 高速バス安心推進コンソーシアム
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ