アクティブ、超コンパクトなLEDナンバーサイドウインカー発売へ

アクティブ LEDナンバーサイドウィンカー コンパクト
アクティブ LEDナンバーサイドウィンカー コンパクト全 11 枚写真をすべて見る

アクティブは、自社ブランド「アクティブ」および「ゲイルスピード」の各種新商品を発売した。

アクティブ LEDナンバーサイドウィンカー コンパクト

アクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用コンバーチブルステムキット&セパレートハンドルアクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用コンバーチブルステムキット&セパレートハンドル

発熱量が少なく、光度が高い高性能LEDチップ(片側24個)を採用。レンズ全体が発光することで視認性を高めたほか、さらなるコンパクト化を実現する。また、レンズ配線を上部裏側または真横から取り出すことができ、すっきりと収納可能。基盤への防水ポッティング化と、乳白色ベースへの裏ショット加工により、点灯していない時の質感も高めている。

レンズカラーはホワイトとスモークの2種類を用意。ナンバーボルトで装着するだけのオールインワンパッケージで、本体価格は1万6000円。予約受付中。

アクティブ KATANA(19)用ローポジションハンドルバーアクティブ KATANA(19)用ローポジションハンドルバー

アクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用コンバーチブルステムキット&セパレートハンドル

コンバーチブルステムキットは、剛性アップで走行時の安定性が高まるほか、可変オフセットで2種類の乗り味を楽しめる。また、トップブリッジキットは純正ステムでも装着するハンドルの選択肢が広がり、カスタム性が向上する。

アクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用ステムキット(バーハンドル)アクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用ステムキット(バーハンドル)

・専用セパレートハンドル用(セパレートハンドル付属)

純正と異なりフラットなトップブリッジ形状にすることで、自然な前傾姿勢がとれる位置にセパレートハンドルをセットできる。カラーはシルバーとブラックの2色を用意。本体価格はコンバーチブルステムキットが16万円、トップブリッジキットが7万8000円。

アクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用コンバーチブルステムキット&セパレートハンドルアクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用コンバーチブルステムキット&セパレートハンドル

・Φ28.6 バーハンドル用

ハンドルポストの固定にゴムブッシュを使用しないため、剛性感のあるダイレクトなハンドリングが得られる。カラーはシルバーとブラックの2色を用意。本体価格はコンバーチブルステムキットが14万円、トップブリッジキットが5万8000円。バーハンドルは別売。

アクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用ステムキット(バーハンドル)アクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用ステムキット(バーハンドル)

アクティブ KATANA(19)用ローポジションハンドルバー

低コストで手軽に、カタナらしい低い前傾姿勢をバーハンドルで実現。ノーマル外装への干渉もなく、純正ワイヤーやホース類もそのままでボルトオン装着できる。グリップにかけて垂れ角をつけることでスポーツ走行に適したポジションに導く。

アクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用コンバーチブルステムキット&セパレートハンドルアクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用コンバーチブルステムキット&セパレートハンドル

本体価格は1万2000円。

ゲイルスピード リアキャリパー用サポート CB1300SF(03-20)/SB(05-20)

アクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用ステムキット(バーハンドル)アクティブ Z900RS(18-19)/CAFE(19)用ステムキット(バーハンドル)

ゲイルスピード ラジアルマウントリアキャリパーを装着する際に必要となるキャリパーブラケット。A7075材を削り出すことで強度と軽さを両立している。

本体価格は2万9000円。

ゲイルスピード リアキャリパー用サポート CB1300SF(03-20)/SB(05-20)ゲイルスピード リアキャリパー用サポート CB1300SF(03-20)/SB(05-20)

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  2. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  3. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  4. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  5. 【トヨタ ランクル GRスポーツ 試乗】新たに搭載された2つのオフロード最新技術が凄い!...九島辰也
  6. ランボルギーニ『カウンタックLP500』、1台限りで甦る…シェイクダウン完了
  7. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  8. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  9. メルセデスAMG SL 、メルセデスベンツ SL 後継…10月28日デビューが決定
  10. シャコタン車両が700台集結!…スタンスネイションジャパン2021愛知
ランキングをもっと見る