スズキ GSX‐R1000R、創立100周年特別色を発売へ

スズキ GSX‐R1000R ABS 創立100周年特別色
スズキ GSX‐R1000R ABS 創立100周年特別色全 2 枚写真をすべて見る

スズキは、スーパースポーツバイク『GSX‐R1000R ABS』に創立100周年の特別色を設定し、4月24日より発売する。

GSX‐R1000R ABSは、「No.1スポーツバイク」をコンセプトに全面改良。エンジンと車体が調和した「走る・曲がる・止まる」の基本設計を徹底的に見直し、MotoGPで培った技術を採用することでさらに進化させ、高次元でバランスさせた。

3月15日に創立100周年を迎えたスズキは、記念ロゴマークの制定や記念サイトの開設を実施。また、新型コロナウイルス感染(SARS-CoV-2)拡大防止のために中止となった東京モーターサイクルショーの代替として展開している「WEBモーターサイクルショー」では、このGSX‐R1000R ABS 100周年記念特別カラーを参考出品している。

特別色は2020年MotoGPクラスに参戦する「チームスズキエクスター」の参戦マシン「GSX-RR」のカラーリングである青銀(トリトンブルーメタリック/ミスティックシルバーメタリック)をモチーフとしている。

価格は215万6000円。諸元・価格に変更はない。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R
  • SHOEI X-Fourteen MM93 ブラックコンセプト2.0
  • テネレ700 ABS Low
  • ホンダ CBR250RR(グランプリレッド・ストライプ)
  • ハスクバーナ ヴィットピレン401&スヴァルトピレン401
  • ホンダ CBR1000RR-R ファイヤーブレードSP
  • KTM 1290スーパーアドベンチャーS

ピックアップ