コンチネンタルの次世代インフォテインメント技術、「ドイツデザインアワード2020」をダブル受賞

コンチネンタルの曲面プラスチックレンズディスプレイ
コンチネンタルの曲面プラスチックレンズディスプレイ全 3 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は4月20日、「ドイツデザインアワード2020」において、次世代インフォテインメント技術が2つの賞を受賞した、と発表した。

「ドイツデザインアワード」は、ドイツデザインカウンシルが行う国際的なデザイン賞だ。その目的は、ユニークなデザイントレンドを発見することにある。ドイツデザインアワードは、「優れた製品デザイン」、「優れたコミュニケーションデザイン」、「優れたアーキテクチャ」の3部門に分類される。審査員は、ビジネス、教育、科学、デザイン業界のエキスパートで構成されている。

コンチネンタルは、ドイツデザインアワード2020において、2つの賞を受賞した。「モーフィングコントロール」は、優れた製品デザイン部門での受賞だ。モーフィングコントロールは、ダッシュボードに手を近づけると、ボタンが点灯して操作性を高めている。表面は滑らかな人工皮革を使用しており、組み込まれたボタンが点灯する。ドライバーがボタンを押したことは、短いパルスを発信して確認できる。可能な限り少ないボタンで、できるだけ多くの機能を簡単に使用できるようにした。

マルチディスプレイシステムの「曲面プラスチックレンズディスプレイ」も、ドイツデザインアワード2020の優れた製品デザイン部門での受賞となった。曲面プラスチックレンズディスプレイは、車両とドライバー、乗客との間の大型のユーザーインターフェイスだ。曲率半径を小さくすることなどにより、ユーザーエクスペリエンスが大幅に向上し、設計に新しいレベルの柔軟性をもたらすという。

また、曲面プラスチックレンズディスプレイは、立体的な連続したプラスチック製インストルメントパネルにより、2つのディスプレイをシームレスに統合できる。さらに、その高いコスト効率のおかげで、曲面プラスチックレンズディスプレイは、大量生産車に適する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV