宅配や移動販売を始める中小飲食事業者を支援---新型コロナで売り上げ減 東京都

4月11日、東京新宿
4月11日、東京新宿全 2 枚写真をすべて見る

新型コロナウイルス感染症の流行に伴う外出自粛などで、飲食事業者の売り上げが落ち込んでいる。東京都は4月22日、都内中小飲食事業者が、宅配や移動販売などの新たなサービスにより売り上げを確保する取り組みに対し、経費の一部を助成すると発表した。

助成対象は東京都内で飲食業を営む中小企業者(個人事業主含む)で、新たにテイクアウト、宅配、移動販売を開始する際の初期経費などを助成する。

助成対象となる経費は、(1)印刷物制作費、PR映像制作費、広告掲載費などの販売促進費、(2)宅配用バイクリース料、台車などの車両費、(3)WiFi導入費、タブレット端末、梱包・包装資材などの器具備品費、(4)その他、宅配代行サービスに係る初期登録料、月額使用料、配送手数料など。

助成額は上限100万円で、助成対象経費の5分の4以内。取り組み実施後に後払いで交付する。交付申請の受け付け期間は4月23日~5月18日。4月1日以降で交付決定前に取り組み着手した経費も、実施の確認ができれば助成対象となる。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • マクドナルドのドライブスルー(東京、5月12日)
  • 運転免許証(イメージ)
  • PSAグループの各ブランド
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ