【鈴鹿8耐】開催延期、10月30日-11月1日に…4耐は中止、MFJにも中止・変更

鈴鹿8耐(2019年)
鈴鹿8耐(2019年)全 2 枚写真をすべて見る

7月16~19日の日程で鈴鹿サーキットにおいて開催予定だった“鈴鹿8耐”=「2019-2020 FIM世界耐久選手権第3戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」は、10月30日~11月1日に延期されることが決定した。モビリティランドが4月27日、発表した。

モビリティランドによると、国内外における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大状況や各地域での防止対策などを踏まえ、鈴鹿8耐がFIM世界耐久選手権シリーズの一戦であり、かつヨーロッパを中心に海外チームが多数参戦しているという特性を鑑みて、開催延期が判断された。

開催日程の変更に伴い、本大会は、「2019-2020 FIM世界耐久選手権シリーズ最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」として開催される。開催期間は木~日曜の4日間から、金~日曜の3日間に短縮された。併催予定の「鈴鹿4時間耐久ロードレース」は開催を中止する。

また、当初10月31日~11月1日に予定されていた「2020 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦 第52回MFJグランプリスーパーバイクレース in 鈴鹿」は、本年度の開催を中止とする。さらにこの開催中止に伴い、11月14~15日に、ツインリンクもてぎで開催予定の「2020 MFJ全日本ロードレースシリーズ最終戦スーパーバイクレース in もてぎ」を「第52回MFJグランプリ」として開催する。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS

ピックアップ

Response.TV