JR東日本が5月28日発以降の新幹線と中央、常磐特急の指定席発売を見合わせへ…北海道新幹線と北陸新幹線のJR西日本エリアも含む 新型コロナ

東北新幹線と北海道新幹線の境界駅である新青森駅に並ぶ東京行きと新函館北斗行きの『はやぶさ』。
東北新幹線と北海道新幹線の境界駅である新青森駅に並ぶ東京行きと新函館北斗行きの『はやぶさ』。全 3 枚写真をすべて見る

JR東日本は4月27日、すべての新幹線と、中央線、常磐線在来特急の指定席発売を、5月28日運行分から見合わせると発表した。

同社では、新型コロナウイルスの感染拡大により優等列車の利用者が大幅に減少しており、5月31日まで臨時列車の指定席発売を休止する措置を採っているが、利用者減が続けば、一部の列車を運休する可能性があるとして、今回の措置に踏み切ることになった。今後は5月中旬に予定している運行計画の確定を受けて、運行列車と指定席の発売日をアナウンスするとしている。

なお、東北新幹線が乗り入れる北海道新幹線についてはJR北海道から、北陸新幹線上越妙高~金沢間についてはJR西日本から、同様に指定席の発売を見合わせることが発表されている(北陸新幹線は金沢~富山間の『つるぎ』を除く)。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV