デンソーもマスク自社生産開始、月産300万枚で地域への寄付も検討

デンソーもマスク自社生産開始、月産300万枚で地域への寄付も検討
デンソーもマスク自社生産開始、月産300万枚で地域への寄付も検討全 1 枚写真をすべて見る

デンソーは、新型コロナウイルス感染症の影響によるマスク不足の中、円滑な生産活動を行うため、デンソーグループ社員向けに4月27日より自社施設内でのマスクの生産を開始した。

同社にとってマスク生産は初の試みとなるが、自動車部品の開発・生産で培ってきた経験と技術を活用。設備設計から製作まですべて内製で行い、社内にクリーンブースを設け、衛生面が確保された環境で生産している。今後は順次生産性を向上させながら、5月以降には1日10万枚の量産を目指していく。

マスクの自社生産を通じて、市場からの調達数を減らすことで社会的なマスク不足の緩和に貢献していくとともに、生産が安定した際には地域社会などへの寄付も検討していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • デンソー執行職の竹内克彦氏
  • トヨタにとってデンソーの重要性が増してきた…関東学院大学 清名誉教授[インタビュー]
  • 次期型EPS-MCU「DDA2」
  • 加速抑制装置搭載イメージ図
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV