MONET、オンデマンドバス配車システムなどのAPIをコンソーシアム加盟社に提供

MONETマーケットプレイスのイメージ
MONETマーケットプレイスのイメージ全 1 枚写真をすべて見る

MONET(モネ)テクノロジーズは4月27日、MONETコンソーシアム加盟するシステム開発企業向けに、オンデマンドバスの配車システムや天気・観光・地図情報などのデータやシステムのAPIを提供する「MONETマーケットプレイス」をプレオープンしたと発表した。

「MONETプラットフォーム」は、車両データや移動データなどを集約するデータ基盤と、さまざまなデータやシステムのAPIなどを提供する「MONETマーケットプレイス」を備えたMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)実現を包括的に支援するプラットフォーム。

今回、企業や自治体のMaaS実現を支援するデータ基盤やAPIなどを備えた機能を拡充して本格運用を開始した。これに伴って「MONETマーケットプレイス」でMONETが提供するオンデマンドバスの配車システムをはじめ、多様な業界・業種の企業から提供されるデータやシステムのAPIを購入して、新たなサービスの開発に活用できる。

「MONETコンソーシアム」の加盟企業でシステム開発する企業向けにプレオープンした「MONETマーケットプレイス」では、オンデマンドバスやオンライン決済サービス、チケット発券、天気予報などのAPIを試験的に無料で提供する。

「MONETマーケットプレイス」はプレオープンに続いて今夏をめどにを一般企業向けにもオープンする予定。複数のAPIなどを組み合わせ開発が不要ですぐにMaaS事業を開始できるパッケージを提供する。MaaSの実現を推進するパートナーとして、「MONETマーケットプレイス」にAPIを提供する企業からの申し込みを受け付ける予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV