レスポンス、自動車関連企業のためのオンライン技術展示会開催へ、出展社募集

Response VIRTUAL AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPO 2020
Response VIRTUAL AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPO 2020全 1 枚写真をすべて見る

イードが運営する自動車総合ニュースサイト『レスポンス』は、自動車メーカー/サプライヤーを中心とした、自動車の最新技術のオンライン展示会「Response VIRTUAL AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPO 2020」を5月29日より開催する。イードが4月28日に発表した。

新型コロナウイルスの影響による展示会や発表イベントの中止を受け、バーチャル形式でのオンライン展示会を開催する。レスポンスサイト内に「Response VIRTUAL AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPO 2020」特集ページを設置し、ウェブの特性を生かした記事や動画で、最新の自動車技術の情報を紹介する予定だ。動画については、自動車メーカーとの協働実績があるレスポンスの撮影チームで撮影、提供する。

具体的には、特集ページを展示会場に、記事を出展企業ブースに見立て、最新の製品・サービスの特長や活用事例を、解説、担当者インタビュー形式で紹介する。コンテンツを追加・更新することで、長期的に展示会を盛り上げる。

自動車業界は「100年に一度の大変革の時代」を迎えていると言われる。CASEやMaaSを中心に、自動車関連のテクノロジーやサービスは急速に進化を遂げ、人々の期待は高まる。

その一方で、コロナウイルスの感染拡大にともなう緊急事態宣言により、各種展示会や発表イベント等が中止となり、新技術やサービス、ソリューションの発表機会が失われ、経済へのダメージも深刻化しつつある。

日本最大級の自動車総合ニュースサイトである『レスポンス』ではその発信力を活かし、自動車メーカー、サプライヤー、各種関連企業の積極的な情報発信の場を設けることで、業界の発展の一助となることをめざす。

★レスポンス(イード)では現在、出展社を募集中だ。
Response VIRTUAL AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPO 2020のお問い合わせはこちら

《会田肇》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 中国で販売されているトヨタ『レビンPHV』(車体は日本でのカローラセダンに相当)
  • 「便利な街に住みたい」というニーズの増加
  • 今後の理想的な移動手段
  • バーチャルロック
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ