VWがデザインコンペ、テーマは「2050年の『ID.3』」…30年後のEVをデザイン

フォルクスワーゲン ID.3 のイメージスケッチ
フォルクスワーゲン ID.3 のイメージスケッチ全 3 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は4月27日、「2050年の『ID.3』を設計する」、をテーマにしたデザインコンペティションを、公式Instagramで開催すると発表した。

フォルクスワーゲンの新世代EVとして、今夏欧州で発売されるのがID.3だ。今回のデザインコンペティションでは、このID.3の30年後の姿を、参加者がデザインする。デザインコンペティションには、プロデザイナーや将来有望な自動車デザイナーなどが参加でき、フォルクスワーゲングループのデザインを統括するクラウス・ビショフ氏が中心になって、作品の審査を行う。

自動車の設計は、主に密室で進められる。新型車のデザイナーは、最大12年先まで見据える必要があり、極秘プロジェクトとして扱われる。このため、社外の新進気鋭のデザイナーがプロジェクトに関わり、デザインを披露してチーフエンジニアから適切なフィードバックを得ることが困難になっている。

そこで、クラウス・ビショフ氏は、新しいアプローチを取り入れる。今後4週間以内に、参加者は「#VolkswagenDesign2050」のハッシュタグを付けた作品を、自身のInstagramにアップロードする。

クラウス・ビショフ氏は、お気に入りの作品の中から3つを公式Instagramに掲載して、クリエイターをドイツ・ヴォルフスブルクに招待する。最優秀作品は、実車の4分の1スケールで3Dプリントされる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲン ID.3 の無充電走行チャレンジ
  • コンチネンタルのドライブコントロールユニットのイメージ
  • VWの新充電サービス「We Charge」のカード
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ