飛沫循環抑制仕様の JPN TAXI、トヨタモビリティ東京が江戸川区に提供

ウイルス飛沫循環抑制仕様のJPN TAXI
ウイルス飛沫循環抑制仕様のJPN TAXI全 2 枚写真をすべて見る

トヨタの東京地区のディーラーであるトヨタモビリティ東京は4月27日、江戸川区に新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)感染者移送用車両2台を提供したと発表した。

今回、提供した車両は、トヨタの『JPN TAXI(ジャパンタクシー)』をベースに、車両前方スペースと、車両後方スペースの間に隔壁を設置し、前方を陽圧、後方を陰圧とすることで、後方の空気が前方に循環しないようにコントロールした飛沫循環抑制仕様の車両。

都内行政に同車両の提供するのは初めて。同社は江戸川区と2019年7月に、区の活性化と区民サービス向上を図ることを目的に地域活性化包括連携協定を締結しており、今回の車両提供は江戸川区からの協力要請に対応したもの。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新型コロナウイルス患者の軽症者移送用に改造したJPN TAXI
  • トヨタ・カローラツーリング
  • 飛沫循環抑制車両
  • 日の丸交通のJPN TAXIにセパレーターカーテンを導入
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG

ピックアップ

Response.TV