新車登録台数は新型コロナで急落…三菱6割減、スバル5割減、スズキ・日産は4割減 4月

三菱 ミラージュ
三菱 ミラージュ全 4 枚写真をすべて見る

日本自動車販売協会連合会は、2020年4月の新車販売台数(軽を除く)を発表。新型コロナウイルス感染拡大による需要低迷などもあり、前年同月比25.5%減の17万2138台と大幅な減少となった。

新車販売台数はこれで7か月連続のマイナス。3月は10.2%減と新型コロナウイルスによる影響はまだ数字に現れていなかったが、4月に入り、販売に大きな影響を与えていることが明らかになった。

車種別では、乗用車が同27.5%減の14万4674台で7か月連続マイナス。このうち、普通乗用車が同37.7%減の6万6771台で7か月連続マイナス、小型乗用車は同15.7%減(同0.2%増)の7万7903台で2か月ぶりのマイナスとなった。

貨物車は同12.1%減の2万6691台で7か月連続マイナス。このうち、普通貨物車が同12.1%減の1万0438台で8か月連続マイナス、小型貨物車が同12.2%減の1万6253台で7か月連続のマイナス。バスは同21.6%減の773台で2か月連続のマイナスとなった。

乗用車ブランドで最も減少率が高かったのは三菱自動車の65.4%。以下、スバル(56.0%)、スズキ(47.0%)、日産(44.7%)が続く。トヨタやホンダは2割以内の減少にとどまっている。

新車登録台数ブランド別ランキング

1位:トヨタ 9万1721台(19.8%減・7か月連続減)
2位:ホンダ 2万2346台(14.2%減・7か月連続減)
3位:日産 1万2475台(44.7%減・17か月連続減)
4位:マツダ 6339台(24.4%減・2か月連続減)
5位:スズキ 6065台(47.0%減・7か月連続減)
6位:いすゞ 4023台(21.5%減・8か月連続減)
7位:日野 3778台(6.5%減・8か月連続減)
8位:スバル 3587台(56.0%減・3か月連続減)
9位:ダイハツ 3354台(26.0%増・6か月連続増)
10位:レクサス 3203台(23.3%減・5か月連続減)
11位:三菱ふそう 2480台(9.7%減・4か月ぶり減)
12位:三菱 972台(65.4%減・7か月連続減)
13位:UDトラックス 602台(13.8%減・4か月連続減)
その他(輸入車など) 1万1193台(36.8%減・7か月連続減)

※()内は前年同月比

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV