防弾仕様もバッチリ開発中!メルセデスベンツ Sクラス 新型に「ガード」設定へ

メルセデスベンツ Sクラス ガード 開発車両(スクープ写真)
メルセデスベンツ Sクラス ガード 開発車両(スクープ写真)全 14 枚写真をすべて見る

これまでメルセデスベンツの旗艦セダン、『Sクラス』新型や最高級『マイバッハSクラス』新型のプロトタイプを捉えてきたが、これまで見たことのない開発車両をスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

一見Sクラス新型プロトタイプと変わりないが、よく見るとフロントガラスとサイドウィンドウに暗い輪郭と厚みがあり、カメラマンによると、政治家、王室、著名人その他世界のVIP向けに開発されている防弾仕様の「Sクラスガード」だという。

ガードは、これまで2014年の「S600」や2018年の「マイバッハS650 プルマン ガード」などが用意されてきたが、「W223」世代にも加わることになる。

メルセデスベンツ Sクラス ガード 開発車両(スクープ写真)
すべてのウィンドウは防弾ガラス仕様となっており、VR10弾道保護レベルを持つとともに、下部装甲による爆発物からも保護してくれる。また足回りには「ミシュランPAXランフラットタイヤ」を装着、タイヤの空位圧監視システムがあり、タイヤが損傷した後でも最大30km(19マイル)走行可能だ。

パワートレインは、6.0リットルV型12気筒エンジンを搭載する予定だという。

メルセデスベンツは、Sクラス新型を2020年内に発表することを計画しており、ガードは2021年以降のデビューとなりそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ