高速道路の休日割引適用除外を5月10日まで延長 PA・SAの営業自粛も

東名高速道
東名高速道全 2 枚写真をすべて見る

高速道路各社は、ゴールデンウィーク期間中の新型コロナウイルス感染拡大を防止する取り組みを延長すると発表した。

NEXCO東日本/中日本/西日本と本州四国連絡高速道路、宮城県道路公社は、国土交通省の要請を受けて、高速道路料金の休日割引の適用除外とサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)のレストランなどの営業自粛を、4月29日から5月6日まで要請してきたが、新型コロナウイルスの感染が収束していないことなどを鑑みて取り組みを強化する。

5月10日まで、休日割引を適用しないことにした。SA、PAでレストランや土産品コーナーを営業しているテナントに対して4月29日から5月6日に加え、5月7日から5月10日の間についても営業を自粛するよう要請した。

物流事業者向けにガソリンスタンドやシャワー設備などは通常通り継続する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV