トランプ大統領、テスラの工場再開の容認を求める…新型コロナで休止中

テスラのフリーモント工場
テスラのフリーモント工場全 2 枚写真をすべて見る

米国のトランプ大統領は5月12日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響で休止しているテスラのカリフォルニア州フリーモント工場について、「カリフォルニア州政府はテスラの工場再開を容認すべき」とツイートした。

大統領のツイートは、テスラのイーロン・マスクCEOが5月12日、新型コロナウイルス対策で操業停止を命じられているカリフォルニア州フリーモント工場を再開すると、ツイッターで発表したことを受けたものだ。マスクCEOは当局の許可を得ておらず、「逮捕も覚悟」しているという。

テスラのカリフォルニア州フリーモント工場は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、カリフォルニア州アラメダ郡当局の命令により、3月23日から生産を停止している。カリフォルニア州では、新型コロナウイルスによる外出制限が部分的に緩和され、一部の工場では生産再開が認められた。しかし、フリーモント工場が位置するアラメダ郡は、外出制限を継続。アラメダ郡は、テスラのフリーモント工場の再開を認めていない。

トランプ大統領は5月12日、「カリフォルニア州政府は、テスラの工場再開を今すぐに容認すべきだ」とツイート。これに対して、テスラのイーロン・マスクCEOは、「感謝します」とツイートしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パナソニック
  • テスラのEV
  • テスラのEV
  • テスラ・モデル3
  • VW ゴルフR ヴァリアント(スクープ写真)
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG

ピックアップ

Response.TV