東京海上日動、保険料領収や保険支払いにブロックチェーンを活用する実証実験を実施

送金や決済といった取引に伴うさまざまな処理を自動化するシステムの概要
送金や決済といった取引に伴うさまざまな処理を自動化するシステムの概要全 1 枚写真をすべて見る

東京海上日動火災保険は5月13日、ディーカレットととも保険料の領収や保険金支払いといった保険契約業務プロセスを対象に、ブロックチェーン技術を利用して自動化する実証実験を実施したと発表した。

実証実験では、ブロックチェーン上に保険契約の情報などを事前に登録し、事故が発生した際、事故情報をブロックチェーンに読み込ませることで、保険金支払い条件に合致したか否かを自動的に判定、保険金をデジタル通貨で即座に支払う仕組みの有効性について検証した。

また、東京海上日動と東京海上日動の若手有志団体「Tib」に対して、ブロックチェーン上でトークンを発行し、トークンを保険料や保険金と見なすことで、保険金請求支払業務の自動化に関する有効性も実証した。

両社は保険料支払いや保険金の受け取りなどにデジタル通貨やブロックチェーンの特徴を活かした業務プロセス・決済プロセスを導入することで、手続きを効率化・迅速化でき、顧客の利便性向上を図ることを想定している。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • JR東日本と東京海上日動によるMaaS分野での提携内容
  • 予約制駐車場「B」
  • 東京海上日動とMaaSテックジャパン
  • ちょいのり保険(イメージ)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ