総額8億円のアストンマーティン・ザガート、ついに実車を目撃!デリバリー開始は

アストンマーティン DBS GT ザガート 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
アストンマーティン DBS GT ザガート 市販型プロトタイプ(スクープ写真)全 13 枚写真をすべて見る

アストンマーティンが100周年を記念し、2019年に公開した「DBZセンテナリーコネクション」の一台、『DBS GT ザガート』の市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

ほぼフルヌードで出現したプロトタイプは、カーボンをあしらったボディに、ザガートのトレードマークであるダブルバブルルーフ、ウィンドウのないリアエンドが見てとれる。

そのほか、3次元形状のテールライト、小さなアクティブスポイラー、デュフューザー、クワッドエキゾーストパイプなど、公開されイメージとほぼ同じ姿といえる。

アストンマーティン DBS GT ザガート 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
市販型パワートレインは、5.2リットルV型12気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は771psを発揮し、0-100km/h加速は3.2秒、最高速度345km/hのパフォーマンスを持つ。

DBZセンテナリーコネクションでは、復刻生産される『DB4 GT ザガート』とペアで、限定19セット、価格はアストンマーティン史上最高額となる600万ポンド(約8億円)で販売される。

予定では、2020年の第4四半期に顧客へデリバリーされる見込みだったが、新型コロナウイルスのパンデミックにより工場が閉鎖、遅れが生じており現段階で時期は不明だという。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ