トヨタ カローラ 初代、ペーパークラフトを配信…#StayHome

トヨタ・カローラ 初代
トヨタ・カローラ 初代全 4 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車の欧州部門は5月16日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を受けて自宅で過ごす子どものために、初代『カローラ』(Toyota Corolla)のペーパークラフトを、公式ツイッターを通じて無償配信した。

初代カローラは、1966年に誕生した。人目を引く、美しいスタイルのハイコンパクトカーをイメージして、ラテン語で花の冠を意味するカローラと命名された。以来、時代とともにさまざまな進化を遂げてきた。現在、世界150以上の国と地域で、累計販売台数4750万台以上を達成している。

初代カローラは、車のあらゆる面で80点以上を実現すべきであるという「80点主義+α(アルファ)」の発想のもと、開発された。その「+α」として、車の走りのイメージを体現させることを狙い、赤色の内装を組み合わせ、スポーティさを追求した。

また、カローラの車名の由来でもある「花の冠」をモチーフにしたエンブレムは、発売当時はカローラの象徴としてデザインされている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・カローラツーリング
  • トヨタ カローラツーリング 2000リミテッド
  • トヨタ カローラツーリング
  • トヨタ カローラセダン(1.8Lガソリン)
  • ホンダ N-ONE 新型の予想CG
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ノビテック マクラーレン セナ チューニングカー
  • メルセデスベンツ GLC 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ