『SL大樹』のSL2機態勢は2020年度中に…東武日光乗入れも合わせて検討

『SL大樹』の現行牽引機C11 207。
『SL大樹』の現行牽引機C11 207。全 5 枚写真をすべて見る

東武鉄道(東武)は5月15日、鬼怒川線下今市~鬼怒川温泉間の『SL大樹』で運用しているC11型蒸気機関車を、2020年度中にも2機態勢とすることを「『東武グループ中期経営計画』の推進」で明らかにした。

現在、『SL大樹』はJR北海道から貸与されたC11型蒸気機関車207号機(C11 207)で運行されているが、2018年からは北海道から搬入された「C111」の復元工事が開始されている。

同機の運用入りで2機態勢になると、6月6日に実施されるダイヤ改正から4往復となる『大樹』シリーズすべてがC11型牽引で運行されるという。また、これに合わせて『SL大樹』の日光線東武日光駅(栃木県日光市)乗入れも検討するとしている。

このほか「『東武グループ中期経営計画』の推進」では、2021年度以降に新たな観光列車を運行する計画も盛り込まれている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。
  • DMV導入により引退することになった、阿佐海岸鉄道の気動車。
  • 嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。
  • 静岡県と長野県の県境にかかる、被災直後の飯田線小和田~中井侍間。
  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。
  • 「ありがとう万代口駅舎」惜別プロモーションのメインビジュアル。
  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。

ピックアップ