川崎重工が「空飛ぶトラック」の浮上試験に成功---Ninjaのエンジンを搭載

大型ハイブリッドドローンの試験機
大型ハイブリッドドローンの試験機全 2 枚写真をすべて見る

川崎重工業は5月18日、「空飛ぶトラック」と呼ばれる、大型ハイブリッドドローンの試験機の浮上試験に成功したと発表した。

大型ドローン試験機は全長7m、全幅が5m、全高が2mで、200kg以上の貨物を搭載して100km以上の航続がある。同社の高性能モーターサイクル『Ninja ZX-10R』のエンジン3基を使って発電した電力を使って、計8基のモータープロペラを駆動する。

モーター駆動に必要な電力はエンジンで発電するため、バッテリーのみを動力源としたドローンと異なり、大出力で長時間飛行できる。

空飛ぶトラックは近・中距離の中量物資輸送で、リーズナブルに利用できる空の物資輸送手段として実用化を目指す。

試験機は、ハイブリッドシステムの成立性を確認することを目的に、機体構想検討から設計・製作までをモーターサイクル&エンジンカンパニーが航空宇宙システムカンパニー、技術開発本部と協力して開発した。カワサキNinja ZX-10RカワサキNinja ZX-10R

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV