ガーミンのウェアラブル端末でもモバイルSuicaが利用可能 5月21日

ガーミンのウェアラブル端末でモバイルSuicaを利用できる。
ガーミンのウェアラブル端末でモバイルSuicaを利用できる。全 3 枚写真をすべて見る

JR東日本は5月21日、モバイルSuicaを利用できるウェアラブル端末(いわゆる腕時計型端末)を追加したと発表した。

モバイルSuica対応のウェアラブル端末といえば、アップル社製の『アップルウォッチ』が代表的だが、今回、古くからGPS端末などで知られているガーミン社製のものも対応することになった。

「Garmin Connect Mobile」アプリがインストールされたスマートフォンと同期する形で利用するが、このアプリは、銀行チャージや再発行、機種変更による残額引継ぎ、定期券やSuicaグリーン券の購入、ネット決済、JRE POINTによるチャージ、エクスプレス予約に対応していない。

なお、新規発行に際しては最低1000円のチャージが必要となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京モノレールの1000形。安定輪が破損した形式は明らかにされていない。
  • 最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。
  • グランスタ東京「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」(洋食レストラン)
  • 秩父鉄道の電気機関車と石灰石輸送用貨車。
  • 大村線を行く国鉄色のキハ66・67。今回は、水色をベースに側扉が赤く塗られた、いわゆる「シーサイドライナー」色車が一部引退する。
  • 通常は熊本~人吉間で運行されている『かわせみ やませみ』。
  • クラゲもいる小田急の“竜宮城”駅が完成…日没後にライトアップされる片瀬江ノ島駅
  • 福井県敦賀市内で工事中の深山トンネル。

ピックアップ