軽二輪車の販売順調…新型コロナ対策、通勤や宅配用の需要増加 2020年4月

スズキ・バーグマン200
スズキ・バーグマン200全 2 枚写真をすべて見る

全国軽自動車協会連合会がまとめた軽二輪車(126~250cc)2020年4月の新車販売台数は、前年同月比2.0%増の7772台と4カ月連続で前年を上回った。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、四輪車販売は大幅に落ち込んでいる中で、軽二輪車の販売は堅調に推移している。新型コロナの影響で公共交通機関での通勤を避けて二輪車で通勤する需要が拡大していることや、外出自粛でデリバリーサービスの需要拡大に伴う配送用で人気となっている模様。とくに4月は同21.0%増と高い伸び率だった。

4月の軽二輪販売でブランド別では、ホンダが同21.3%増の3735台と大幅プラスとなった。ヤマハは同7.3%減の2297台、スズキが同15.0%減の961台、カワサキが同25.1%減の433台と、ホンダを除く3社は前年割れだった。

排気量251cc以上の小型二輪車は同6.1%減と3カ月ぶりにマイナスとなったものの、四輪車と比べると減少幅は小幅だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ TMAX560 TECH MAX
  • カワサキZ H2
  • ゼロモーターサイクルズ SR/F
  • インディアン FTR1200ラリー
  • ヤマハ MT-25
  • KTM 250DUKE
  • ドゥカティ パニガーレV4S
  • ヤマハ SEROW 250 FINAL EDITION

ピックアップ