しなの鉄道の有料快速は7月4日から運行…新型車両SR1系を充当

北しなの線古間~黒姫間を走るSR1系の試運転列車。車体色は「沿線に爽やかな新風を」をコンセプトに、ロイヤルブルーと115系のDNAを承継したというシャンパンゴールドの組合せとなり、側面には山並と清流を表現した緑と水色のラインが入っている。
北しなの線古間~黒姫間を走るSR1系の試運転列車。車体色は「沿線に爽やかな新風を」をコンセプトに、ロイヤルブルーと115系のDNAを承継したというシャンパンゴールドの組合せとなり、側面には山並と清流を表現した緑と水色のラインが入っている。全 4 枚写真をすべて見る

しなの鉄道は5月25日、有料快速を7月4日から運行すると発表した。

この列車は、老朽化した115系電車の後継として投入される新型車両「SR1系」(2両編成3本)を使用するもので、平日は『しなのサンライズ号』(小諸7時15分発~長野8時着)、『しなのサンセット2号』(長野18時26分発~上田18時52分着)、『しなのサンセット1号』(上田19時7分発~長野19時35分着)、『しなのサンセット4号』(長野20時4分発~上田20時30分着)へ充当される。『しなのサンライズ号』は6両編成、『しなのサンセット号』は4両編成での運行となる。

一方、土休日は『軽井沢リゾート1号』(軽井沢9時31分発~妙高高原11時22分着)、『軽井沢リゾート4号』(妙高高原16時47分発~軽井沢18時30分着)、『軽井沢リゾート2号』(長野9時10分発~軽井沢10時12分着)、『軽井沢リゾート3号』(軽井沢16時8分発~長野17時13分着)に充当され、いずれも2両編成での運行となる。

乗車には普通乗車券のほかに列車指定券が必要。乗車日1か月前の1日から当日まで発売(7月分は6月1日10時から発売)され、料金は、平日が小諸~上田間・上田~篠ノ井(長野)間300円、小諸~篠ノ井(長野)間400円(いずれも大人・子供同額)。土休日が全区間大人500円・子供250円。土休日向けに列車指定券と軽食がセットになったプラン(2000円)が乗車日1週間前まで発売される。

列車指定券の発売箇所は、平日の列車が小諸・上田の各駅と車内、土休日の列車が軽井沢・小諸・上田・戸倉・長野の各駅と車内。しなの鉄道のウェブサイトでも発売する。

なお、『軽井沢リゾート号』については新型コロナウイルス対策として、当面の間、列車指定券の発売数を定員の半分とする。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ