メルセデスベンツ、電動化を加速…バッテリーのグローバル生産ネットワークを拡大

メルセデスベンツ子会社のアキュモーティブのバッテリー工場
メルセデスベンツ子会社のアキュモーティブのバッテリー工場全 5 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は5月26日、電動車向けバッテリーのグローバル生産ネットワークを拡大すると発表した。

メルセデスベンツは、電動化戦略を加速している。2020年内に、EVのラインナップを5モデルに、プラグインハイブリッド車(PHV)のラインナップを20モデルに、それぞれ拡大する計画だ。

また、今後数年以内に、10車種以上のEVが量産される予定だ。メルセデスベンツは2030年までに、EVとPHVが、乗用車販売の50%以上を占めると見込む。

メルセデスベンツは、電動化戦略をさらに加速するために、電動車向けバッテリーのグローバル生産ネットワークを拡大する。2014年に完全子会社化したドイツのアキュモーティブにおけるリチウムイオンバッテリーの生産能力を増強する。

アキュモーティブでのリチウムイオンバッテリーの年間生産量は、間もなく50万個を超える見通しだ。アキュモーティブで生産されたリチウムイオンバッテリーは、EV、PHV、ハイブリッド車に搭載されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ Eクラス L 改良新型(北京モーターショー2020)
  • メルセデスAMG  E63 S 4MATIC+ ステーションワゴン 改良新型
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+ カブリオレ 改良新型
  • メルセデスベンツ CLS220dスポーツ(ハイテックシルバー)
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV