メルセデスベンツ博物館、館内をドローンで巡る…ガルウィングの車内も飛行[動画]

メルセデスベンツ博物館の館内をドローンで撮影した映像
メルセデスベンツ博物館の館内をドローンで撮影した映像全 3 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は、ドローンによって撮影されたメルセデスベンツ博物館の新たな映像を公開した。最初の数日間で、約600万回の再生を記録したという。

この映像は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の影響で休館状態にあったメルセデスベンツ博物館で撮影された。手のひらサイズのドローンは、重さ100グラム以下で、高解像度の4Kカメラを搭載。今までにない映像を撮影することを目指した。

例えば、博物館内に展示されているクラシックメルセデスベンツの代表モデル、『300SL』(1954年発表)のガルウィングドアから車内へ、このドローンは飛行することができる。

約4分の映像は、メルセデスベンツ博物館と映画を手がけるダニエル・ワグナー氏らが共同で撮影した。3日間の撮影には、合計で4種類のドローンを使用。既製品をベースに、さまざまなコンポーネントを使用して、シーンに合わせて正確に調整した、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ GLC F-CELL
  • ダイムラーのドイツ本社
  • メルセデスベンツの新型EV 3車種のプロトタイプ(左からEQS、EQE、EQE SUV)
  • メルセデスベンツ EQC 4x4 2(フォー・バイ・フォー・スクエアード)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV