BMWのミニバンは走りが違う!アクティブツアラー「Mスポーツ」がニュルにあらわる

BMW 2シリーズ アクティブツアラー 新型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW 2シリーズ アクティブツアラー 新型プロトタイプ(スクープ写真)全 11 枚写真をすべて見る

BMWが開発中の『2シリーズ アクティブツアラー』新型プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

次期型アーキテクチャには、『1シリーズ』新型でデビューした「FAAR」FWDプラットフォームを採用。剛性が高められるとともに、ドライビング・ダイナミクスが大幅に向上、安全性能が向上する。

エクステリアは現行モデルと比較して、Bピラー以降のルーフラインがよりラウンドし、クロスオーバーからのスタイリングキューが組み込まれることが特徴となるほか、リアウィンドウラインを高くすることでよりスポーティさが演出される。さらにホイールベースが延長され、3列シートがオプション設定されると予想されている。

市販型では、大型グリルや『i4』風のドアハンドルを装備、サイドミラーがAピラーからドアへ移動される。今回捉えたプロトタイプは、これまでの開発車両よりボディがローダウンされており、「Mスポーツ」モデルの可能性もありそうだ。

BMW 2シリーズ アクティブツアラー 新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 2シリーズ アクティブツアラー 新型プロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
キャビン内では、コンセプト「iNext」を彷彿させるデュアルデジタルディスプレイを装備。スイッチ風ギアシフターが見てとれるほか、ヘッドアップディスプレイやジェスチャーコントロールなども搭載するという。

パワートレインは、最高出力140psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、最高出力150ps及び190psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンのほか、最高出力302psを発揮するM Sportをラインアップ、ゲトラグ製8速DCTトランスミッションと組み合わされる。また最新情報では、最高出力116psを発揮する1.5リットル直列3気筒ディーゼルエンジン搭載の『216d』が廃止される可能性があるという。

駆動方式は標準で前輪駆動が設定されるが、四輪駆動の設定も濃厚。

早ければ2020年内にもワールドプレミアが期待できそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】BMWのミニバンは走りが違う!アクティブツアラー「Mスポーツ」がニュルにあらわる(11枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  3. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  4. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  5. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  6. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  7. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  8. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  9. フォードの電動ピックアップトラック、予約は15万台以上…試作生産を開始
  10. トヨタ ランドクルーザー 新型、納期は1年以上になる見通し
ランキングをもっと見る