【WRC】フィンランド戦とニュージーランド戦がキャンセルに…シーズン再開は早くても9月下旬のトルコ戦?

2019年のWRCトルコ戦。
2019年のWRCトルコ戦。全 6 枚写真をすべて見る

コロナ禍によって2020年シーズンが中断された状態にある世界ラリー選手権(WRC)。8月上旬フィンランド戦と9月上旬ニュージーランド戦のキャンセルが決まり、シーズン再開は早くても9月下旬のトルコ戦と見込まれる状況になっている。

今季2020年のWRCは1月、開幕時点では全13戦のラインアップだった。1~3月に第3戦までを実施したが、以降は延期やキャンセルの発表が相次ぐこととなり、当面のカレンダー先頭には8月6~9日の第8戦フィンランドが位置していた。しかし、これも6月3日にキャンセルが決定。

さらには翌4日、第9戦ニュージーランドもキャンセルとなる。9月3~6日に開催が予定されていたニュージーランド戦は2012年以来久々のカレンダー入りだったが、今年のWRC復活は見送りになってしまった。

これで現段階でのWRC“次戦”は9月24~27日の第10戦トルコということに。ここが現状で最速のシーズン再開ポイントと見込まれる。

その後は10~11月に第11戦ドイツ、第12戦グレートブリテン、第13戦ジャパンが当初日程で控え、現状での延期扱い(時期未定)が第4戦アルゼンチンと第6戦イタリアという格好。すべてが多分に流動的であるとはいえ、トルコ戦自体を含むこれら今季未開催ラリーのどれかが現状のトルコ戦の日程より前に入って(移って)くる可能性は高くないと考えるのが妥当だろう(本稿における各ラリーのラウンド数は、原則として全13戦での当初カレンダーに基づく数字)。

このままだと丸々半年の休戦期間を挟むことになる2020年のWRC。11月19~22日に復活開催を迎える予定のラリージャパン(東海地域では初開催)を含む“シーズン終盤”の開催動向が、今後も引き続き注目される。

[追記]本稿は6月4日時点までの情報。その後、6月9日に第12戦グレートブリテン(英国、10月29日~11月1日)のキャンセルが発表されている。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 優勝したD.ソルド(ヒュンダイ)。
  • トミ・マキネン
  • 優勝したトヨタの#33 エバンス(右。左はコ・ドライバーのS.マーティン)
  • WRCがエストニアで“シーズン再開”を迎えた。同国の英雄、#8 タナク(ヒュンダイ)が優勝を飾る。
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV