アルピーヌ A110、2020年限定カラーの申込受付開始…2020年はイエロー×ブラック[写真追加]

アルピーヌA110カラーエディション2020
アルピーヌA110カラーエディション2020全 12 枚写真をすべて見る

アルピーヌ・ジャポンは、イエローのボディカラーを採用した期間限定の受注生産モデル、『A110カラーエディション2020』の申込受付を、6月5日より開始した。60~70年代に人気を博した「ジョン・トゥルヌソル(ひまわりの黄色)」の復刻だ。

アルピーヌ・ジャポンは、ファッションの世界から着想を得て、限定ボディカラーのA110を毎年登場させるプログラム「アルピーヌA110カラーエディション」を展開している。

A110カラーエディション2020は「A110S」がベース車両。ボディカラーのイエローは、60年代から70年代に人気だったソリッドの「ジョン・トゥルヌソル」を、アルピーヌの塗装エキスパートが現代の塗装材によって再現したもの。

ヴィヴィッドなボディカラーは、ブラックエンブレム/モノグラム、カーボンルーフ、ブラック18インチアロイホイールといった、ブラックパーツとのコントラストが際立つと同時に、このモデルのスポーティさも引き立てる。

インテリアもエクステリア同様、チタンブラックの内装とドアパネルのイエロー、イエロー/カーボンエンブレム、ステアリングのイエローセンターマーカーとのコントラストが映える。センターコンソールには「ALPINE」ロゴ入りリミテッドエディションプレートが装着される。ハンドルは右。

A110カラーエディション2020は期間限定の受注生産モデルで、2020年6月5日から2021年3月31日まで、アルピーヌ・ジャポン公式ウェブサイトおよび正規販売店で申し込みを受け付ける。メーカー希望小売価格は税込911万円。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV