elpis、通信型ドラレコによるドライバー自動識別機能の実証実験を開始

elpis AI活用データフロー
elpis AI活用データフロー全 1 枚写真をすべて見る

elpisは6月4日、運行管理向けAIサービス「elpis AI」について、通信型ドライブレコーダーによるドライバー自動識別機能の実証実験を開始したと発表した。

elpis AIは、ドラレコからの走行映像と車両プローブデータ、天候や交通情報などの環境 情報、ドライバーの保護された個人情報(PLR)をAI処理し、安心安全を向上させる運行管理ソリューション。

実証実験では、車室内画像に特化して開発されたelpis AIの「顔識別機能」を利用し、東海クラリオンが販売する通信型ドライブレコーダー「TX2000-SA」と連携。乗車中のドライバーが誰なのかを自動的に識別し、運行実績・運転評価への反映を行う。

これまで、SDカードやICリーダーなど、ドライバーに負担のあったドライバー識別操作を全自動で行うことが可能になるとともに、営業車両などの最適配置に伴いドライバーが固定化されていないシェアカーなどでの運行実績を可視化することが可能になる。

同社ではelpis AIの商用サービスを7月1日以降に予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 業務用2カメラ一体型ドライブレコーダー「D535L」
  • 通信型ドライブレコーダーの概要
  • サンワサプライ 2カメラ一体型ドラレコ 200-CARDR002
  • 2019年1月に「ドラレコ型」を初めて契約した場合の保険料例
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ