新型 ディフェンダー に最強のV8モデル!? BMW製で500馬力、ライバルは「G63」

ランドローバー ディフェンダー V8モデル開発車両(スクープ写真)
ランドローバー ディフェンダー V8モデル開発車両(スクープ写真)全 10 枚写真をすべて見る

話題沸騰中の新型ランドローバー『ディフェンダー』に、V8エンジンを搭載する高性能モデルが登場する。スクープサイト「Spyder7」が開発車両の姿を捉えた。

ディフェンダーは、初代が1948年に製造開始されてから2016年1月まで製造されていた伝統のオフローダーだ。生産終了から3年半経過した2019年、新世代ディフェンダーが復活した。

新型のパワートレインは、最高出力300ps、最大トルク400Nを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリン/ディーゼルエンジンターボエンジン、3.0リットル直列6気筒+マイルドハイブリッドなどがラインアップされているが、これにV型8気筒が加わるようだ。


捉えたツートンカラーの開発車両は、ルーフ後部に「PROTOTYPE VEHCLE」(試作車両)のステッカーが貼られている。クワッドエキゾーストパイプを備えていることからもV型8気筒モデルと推測できる。

パワートレインは、BMW製4.4リットルのV型8気筒ツインターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力500ps程度と予想される。情報によるとジャガーランドローバーの高性能部門「SVO」はV8プロジェクトに直接関与しておらず、既存のディフェンダー・エンジニアリングオペレーションから誕生するという。

ZF製8速ATトランスミッションと組み合わされ、パワーで劣るものの車重が軽いため、メルセデスAMG『G63』の強力なライバルとなるという。

V8ディフェンダーは2021年後半にデビューが期待されているが、4ドアモデルの「110」のみの設定となるか、ショートホイールベースの「90」にも設定されるか注目される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ