VWの4ドアクーペ、アルテオン に改良新型 6月24日発表

フォルクスワーゲン・アルテオン 改良新型のイメージスケッチ
フォルクスワーゲン・アルテオン 改良新型のイメージスケッチ全 5 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンは6月3日、『アルテオン』(Volkswagen Arteon)の改良新型を、6月24日に初公開すると発表した。

アルテオンは2017年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアされた。『パサート』の上に位置する4ドアクーペとして開発され、スポーツカーの要素に、エレガンスやファストバックの空間を融合させたデザインが特徴だ。

改良新型では、新開発のコックピットを採用する。最新の「モジュラー・インフォテインメント・マトリックス(MIB3)」システムにより、コネクティビティを追求する。

また、パワートレインも改良を受ける。フォルクスワーゲンによると、すべてのエンジンが高いレベルの効率、低排出ガス、強力なトルクを備えているという。

さらに、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載する。そのひとつが、「トラベルアシスト」だ。0~210km/hというあらゆる速度域において、ステアリング操作や加減速を車両が行う部分自動運転を可能にする、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ロールスロイス・シルバーコースト・シューティングブレーク(1923年)
  • フォルクスワーゲン・アルテオン 改良新型
  • フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレーク
  • フォルクスワーゲン・アルテオン 改良新型と アルテオン・シューティングブレークのPHV「eハイブリッド」
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ