佐賀県が突如、九州新幹線西九州ルートの協議入りを了承…赤羽大臣「図らずも、一歩前進」

与党PTの検討委員会のヒヤリング資料として長崎県が2019年4月に示した「新鳥栖・武雄温泉間の整備のあり方」に掲載されている九州新幹線西九州ルート(いわゆる長崎新幹線)の概要。2022年度中の武雄温泉~長崎間の開業時は武雄温泉駅で新幹線と在来線の対面乗換えが予定されている。
与党PTの検討委員会のヒヤリング資料として長崎県が2019年4月に示した「新鳥栖・武雄温泉間の整備のあり方」に掲載されている九州新幹線西九州ルート(いわゆる長崎新幹線)の概要。2022年度中の武雄温泉~長崎間の開業時は武雄温泉駅で新幹線と在来線の対面乗換えが予定されている。全 2 枚写真をすべて見る

赤羽一嘉国土交通大臣は6月9日に行なわれた定例会見で、佐賀県が九州新幹線西九州ルートの協議入りを了承したことについて、記者の質問に答えた。

九州新幹線西九州ルート新鳥栖~武雄温泉間の整備については、軌間可変電車(フリーゲージトレイン)の導入断念を受けて、2019年以来、国と佐賀県がその後の整備方式を巡って紛糾。同年8月に与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム九州新幹線(西九州ルート)検討委員会(与党PT)が「フル規格ありき」という姿勢を示したことから、佐賀県の反発が強まっていた。

その後、赤羽大臣と山口祥義佐賀県知事との間で2度会談が行なわれ、その後、年を跨いで、協議入りを前にした確認文書のやりとりが事務レベルで続けられたが、佐賀県の反発は強まるばかりで、協議入りは不透明とも言える状態だった。

しかし、6月5日には、国交省の足立基成幹線鉄道課長らが佐賀県庁で開かれた事務方の会議に出席。これは確認文書案の調整が名目だったということだが、佐賀県側はその場で確認文書ができないままでの協議入りを了承したという。

これについて赤羽大臣は「その経緯はさておきまして、この段階で佐賀県との協議が開始されるようになったことは一歩前進」と評価。単に佐賀県だけの問題ではなく「九州地域、西日本地域の未来にとってどのような整備のあり方が望ましいのかということを精力的に議論を積み重ねていくことが重要だと考えております」と述べた上で、「お互いにとってよい結論を可及的速やかに導き出したいというのが私の立場だ」として、協議への意欲を示した。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京メトロ 有楽町線&副都心線用17000系
  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。

ピックアップ