サイバー攻撃検知ビッグデータを活用した保険商品 損保ジャパンなど研究

(イメージ)
(イメージ)全 3 枚写真をすべて見る

サイバーセキュリティクラウド、損害保険ジャパンなどは6月10日、サイバー攻撃検知ビッグデータの活用による保険商品と関連ソリューションの開発に向けて共同研究を開始すると発表した。

アフターコロナ時代、テレワークの急速な浸透や巣ごもり志向によるオンラインソリューションの需要拡大とともに企業のサイバーリスクが高まることが予想されている。ホンダや三菱電機はサイバー攻撃を受けて業務に支障が出ている。

サイバーセキュリティクラウド、損保ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、フィナンシャル・エージェンシーは、サイバーセキュリティクラウドが展開するクラウド型 WAF「攻撃遮断くん」や、AIによるAWS WAF のルール自動運用サービス「WafCharm」から得られるサイバー攻撃検知ビッグデータの活用に向けた共同研究を開始する。

サイバーセキュリティクラウドが保有する1兆3000億件を超えるサイバー攻撃に関するビッグデータの分析により、国内企業を取り巻くリスクを定量化するとともに、共同研究期間中に新たに取得される攻撃検知データの分析により、アフターコロナ時代のサイバーリスクの傾向をいち早くとらえ、新たな保険商品と関連ソリューションの開発につなげる。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「レベル IV ディスカバリー」
  • Anyca オーナー定額支援プログラム
  • 実証実験の概要
  • マクニカが取り扱う自動運転シャトルバス「ナビヤ」
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV