ルノー、AIチャットボット立ち上げ…電動化や自動運転などに関する質問に回答

ルノーグループのAIチャットボットサービス「WATT(ワット)」
ルノーグループのAIチャットボットサービス「WATT(ワット)」全 3 枚写真をすべて見る

ルノーグループ(Renault Group)は6月10日、スマートフォンを通じてモビリティの未来について質問できるチャットボットサービス、「WATT(ワット)」を立ち上げた、と発表した。

チャットボットとは、「チャット」と「ボット」を組み合わせた造語だ。AI(人工知能)を活用した自動会話プログラムを指す。チャットボットではAIを組み込んだコンピュータが、人間に代わって対話を行う。

ルノーグループは、スマートフォンを通じてモビリティの未来について質問できるチャットボットサービス、WATTを立ち上げた。ルノー車の顧客やファン、未来のモビリティについて知りたい人なら、誰でも無料で利用できる。

このチャットボットサービスを、ルノーグループがWATTと名付けた理由は2つ。ひとつは、質問に答える「WHAT」を意味する。もうひとつは、ヨーロッパの電動モビリティの先駆者でありエキスパートとして、ルノーグループの電動化への取り組みを反映させた名前を選んだ。

ルノーグループはWATTによって、新しい若いターゲットを取り込み、引き付けることを目指す。ルノーグループは、スマートシティから電動化、自動運転などの自動車業界における現在の革新に至るまで、最新のトレンドやニュースを紹介する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノー・アルカナ
  • ルノー トゥインゴ EDC キャンバストップ
  • ルノー・メガーヌ新型
  • ルノー・メガーヌ 改良新型のPHV「E-TECH」
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV