三菱自動車、国内生産拠点の停止を延長---新型コロナによる需要減

三菱 アウトランダーPHEV
三菱 アウトランダーPHEV全 1 枚写真をすべて見る

三菱自動車は6月12日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で国内生産拠点の一時停止を延長すると発表した。

登録車を生産する水島製作所第2組立ラインは6月3日から6月15日まで稼働停止したが、6月29、30日も停止する。稼働も昼勤のみの1直となる。

岡崎製作所の組立ラインは6月2日から6月15日までの生産停止に加え、6月23日から30日まで追加で稼働停止する。稼働日は昼勤のみとなる。

子会社で受託生産しているパジェロ製造の組立ラインは6月2日から稼働を停止しているが、6月30日まで停止する。

新型コロナウイルスの世界的な拡大に伴って自動車市場が低迷しているため、生産を一時休止する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • イメージ (AC)
  • 推定勤務地、滞在時間の変化
  • 東京・新宿(7月21日)
  • キッチンカー(イメージ)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ