ルーメングループ、EV給電システムのUL認証を世界初取得

UL Japan
UL Japan全 1 枚写真をすべて見る

米国の第三者安全科学機関であるULは、車載システムインテグレーターのルーメングループが、世界初の電気自動車(EV)ワイヤレス給電(WPT)システムのUL認証(UL2750)を取得したと発表した。

ワイヤレス電力伝送とは、地上送電ユニットと車載受電ユニットとの間の磁界結合を利用してEVに電力を伝送する方式で、物理的な接触またはケーブルを必要としない。ワイヤレス電力伝送方式を利用すれば、充電のために機器に触れずに、ドライバーが適切な位置にEVを停車するだけで車両を充電することができる。

UL2750では、ワイヤレス電力伝送用電源、地上側送電ユニット、相手側となる車両側受電ユニットなど、EVに電力を伝送するためのワイヤレス電力伝送機器を評価。今回、ルーメングループは、ULのエンジニア、試験担当と国を超えて連携。電源、地上側送電ユニット、車両側受電ユニットなどのワイヤレス充電機器の安全とパフォーマンスに取り組み、ルーメン フリーダム ワイヤレス給電システムは、WPTシステムのUL2750認証取得を達成した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • UL Japan 信頼性試験ラボ オンライン発表会には、ULJapanコンシューマーテクノロジー事業部 橋爪正人 事業部長、同 木下喬太氏、同 木田豊生氏らが出席
  • セキュリティ検証ソリューション「IoTセキュリティレーティング」記者説明会
  • 大型モビリティ試験棟
  • UL Japan
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ