トヨタ九州、宮田工場に電動キックボード110台を導入…施設内移動を効率化

モビーライドのシェア型電動キックボード「mobby(モビー)」
モビーライドのシェア型電動キックボード「mobby(モビー)」全 7 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車九州は、8月末までに、モビーライドのシェア型電動キックボード「mobby(モビー)」を宮田工場に110台導入。宮田工場内の移動の効率化を推進する。

レクサスのグローバル年間販売台数の半数以上の生産を担う宮田工場は、東京ドーム約24個分の広大な敷地を有しており、徒歩や構内バス、自転車による従業員の移動方法に課題があった。

mobbyは、GPSと通信機能による走行可能エリアや速度、利用者の制限ができ、利用者ごとの走行ログも確認できる。また、開錠/施錠はLINEアプリ上で行うため物理的な鍵の管理が不要。モビーライドは、操作が簡単で近距離の移動に適したこの電動キックボードのシェアリングサービスを広げるため、各地で試乗会や実証実験を実施してきた。

そのような中、トヨタ九州が主催する協働協創プログラム「ひらめきスプリント」の一環で、2019年10月に10台のmobbyを宮田工場に導入。工場内の移動で利用する際の安全性や運用方法など様々な検証を進めてきた。検証を通じて通行可能エリアを決め、安全な運用方法を確立し、利用希望者には講習会で乗り方やルールなどの徹底を図ることで本格導入のめどが立ち、今回、追加でmobbyを100台導入し、利用を拡大する。

2020年6月時点で宮田工場では70台のmobbyが稼働しており、2019年10月からの累積の走行距離は3000kmを超えている。両社は今後、運用方法の最適化や非接触充電ステーションなどの周辺サービスの検討、他モビリティとの共存検討などを進めていくことで工場内移動のさらなる最適化・効率化を図る。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタGRスーパースポーツ(ルマン24時間耐久レース2020会場)
  • FC電源車(完成車両イメージ)
  • スズキ・スウェイス
  • BluEarth-GT AE51
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ