『あそぼーい!』は豊肥本線全線走行、阿蘇・宮地折返しの『あそ』を新設…再開後の特急運行計画

豊肥本線全線を走ることになった『あそぼーい!』。
豊肥本線全線を走ることになった『あそぼーい!』。全 3 枚写真をすべて見る

JR九州は6月16日、豊肥本線全線開通後の特急運行計画を明らかにした。

2016年に発生した熊本地震の影響で、同年4月14日以来、長期不通となっていた肥後大津~阿蘇間が8月8日に復旧することになり、豊肥本線は4年4か月ぶりに全線再開するが、これに伴ない特急も阿蘇以西で運行を再開。『九州横断特急』については震災前と同じ熊本~大分・別府間の運行となるが、『あそぼーい!』も同区間の運行に変更され、豊肥本線全線を走ることに。また、熊本~阿蘇・宮地間には『あそ』が3往復新設される。

このうち毎日運行されるのは『あそ3・4号』と『九州横断特急3・2号』で、『あそぼーい!』は土休日を中心に運行。『九州横断特急71・74号』は『あそぼーい!』が運行されない日に同時刻で運行される。残る『あそ1・2・5・6号』は夏休みや土休日などの多客期に運行される。

なお、普通列車については計画中で、7月発売の時刻表上で発表される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。

ピックアップ

Response.TV