外出自粛で交通事故発生件数が4割減、死者数は16人減にとどまる 5月

(イメージ)
(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

警察庁が発表した2020年5月末の交通事故統計月報によると、5月の交通事故発生件数は前年同月比40.7%減の1万8107件と大幅に減った。

新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、外出自粛が要請され、ゴールデンウィーク期間中も含めて外出が減ったことから、交通事故件数は4月の同36.2%減と同様に大幅に減少した。

5月の交通事故死者数は前年同月と比べて16人少ない194人で、事故発生件数と比べて死者数は大きく減っていない。

2020年1~5月累計の交通事故発生件数は前年同期比23.2%減の12万1641件だった。死者数は57人少ない1155人だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV